足が冷たくて目が覚める

足が冷たくて目が覚める! すぐにでもできる簡単な対策法3選

冷え性で足が冷たい。そのせいで夜、目が覚めてしまう。こうなると寝不足にもなってしまってつらいですよね。

 

足が冷たくて目が覚めてしまう。この原因と対処法についてお伝えします。

 

足が冷たくて目が覚めるのはなぜ?

そもそも足が冷えてしまうのはなぜなのでしょうか? 夜、目が覚めてしまうほど末端の温度が低下してしまうというのは、かなり深刻な状態です。

 

考えられる主な原因は3つ。

 

1)基礎代謝の低下

人間は特に運動をしなくても、体がエネルギーを燃やして体温を一定に保っています。基礎代謝という働きですね。

 

しかし、年齢を重ねると基礎代謝が下がってしまい、体温が低下する要因となります。特に心臓から遠い末端の手足は特に冷えてしまうんです。

 

2)筋肉量の減少

一般的に、男性より女性の方が冷えに悩む方が多いですよね。その理由の一つは、女性の方が筋肉の量が少ないから。

 

筋肉はただ体を動かすだけでなく、血液を隅々まで行き渡らせるという役割もあるんです。

 

しかし、女性の場合はもともと筋肉量が少ない上に、ダイエットや運動不足のせいでさらに筋肉の働きが衰えがち。そのため、手足の冷えという症状も出やすくなります。

 

3)血流の悪化

最後にもっとも大事なポイント! 上の2つも結局はここが問題となってきます。つまり、血流の悪化です。

 

血液が正常に流れていれば全身すみずみまで熱を運ぶことができますが、血流が悪くなると内蔵に優先的に血が流れ、手足など末端にはあまり血液が行き届かなくなってしまうのです。

 

足が冷たくて目が覚める! すぐにでもできる簡単な対策法3選

心臓の遠い場所ほど、冷えはひどくなる

 

冷えを退治して安眠するには?

では、手足の冷えを改善して、朝までぐっすり気持ちよく眠るにはどうすればいいのでしょうか? 簡単にできる対処法を3つ、ご紹介します。

 

1)加熱した生姜を食べる

足が冷たくて目が覚める! すぐにでもできる簡単な対策法3選

冷え性改善に効果抜群で、その上簡単にできるのが生姜を食べること。

 

レシピよりも多めの生姜で生姜焼きを作って食べれば、体がポカポカ温まり、冷え性改善に期待できます。生姜湯や生姜紅茶を通販サイトとかスーパーで買って飲むのも手軽でいいですね。

 

ただし、ポイントは「加熱した生姜」を食べること!

 

ナマの生姜ですと、一時的な発汗作用はありますが、体の深部まで温めることはできません。加熱した生姜で生じるショウガオールだけが冷え性改善に効果アリなんです。

 

2)冷え性対策の靴下をはく

足が冷たくて目が覚める! すぐにでもできる簡単な対策法3選

寝る前や就寝中に靴下をはくというのも効果的。これはすでにやっているという方も多いでしょう。

 

しかし、この方法にも注意点があります。それは、素材や作りにこだわった専用の靴下をはくこと。

 

普段、日中にはくような普通の靴下をはいてしまうと??まして重ねばきなどすると??足をしめつけてむしろ血流を悪化させてしまいかねません。

 

なので、冷え性対策として作られた専用の靴下をはくのがおすすめ。

 

Amazonや楽天で「冷え性 靴下」と検索すると評価の高いアイテムが発見できますので、探してみましょう。

 

3)レッグクリームでマッサージする

血流を改善するための方法として、専用のクリームを塗ってマッサージするという方法もあります。

 

温感成分が含まれたクリームを使ってマッサージをすると血液の流れが促進され、ポカポカと温まってきます。

 

ものによってはむくみや乾燥の改善まで期待できますので、まだ使ったことがないという方はぜひ一度お試しを。

 

温感保湿クリームのルピエラインをご紹介
冷え性対策のレッグクリームとしてはルピエラインがおすすめです。天然エキスと植物成分配合で、むくみ・冷え・乾燥にトリプル・アプローチ。

 

寝る前に足に塗ってマッサージするだけだから、だれでも商品が届いたその日から効果を実感することができる!

 

公式サイトから定期コースに申し込むと初回980円で始められますので、ぜひチェックしてみてください。

 

》》ルピエラインの公式サイトはこちら

page top